別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。

検索




2011年3月9日水曜日

江の島散策:その1

江の島は、周囲4キロの陸繋島です。

かつては、島全体が神仏混淆の霊地として信仰を集め、江戸時代には弁天信仰が盛んになり賑わいをみせていました。

《《《 江の島散策:その1→その2その3 》》》


弁天橋
(小田急江ノ島線片瀬江ノ島駅前)


弁天橋手前の石碑
南足柄市の山から切り出された石だといいます。

江の島弁天橋
現在の橋は、昭和32年に架けられました。
「かながわの橋100選」に指定されています。








青銅鳥居
弁天橋を渡り終えると青銅鳥居があります。
弁天信仰の象徴として知られた鳥居です。



岩本楼
江の島を代表する旅館です。かつては、岩屋本宮の別当寺でした。

江島神社の碑
日露戦争の英雄、東郷平八郎が書いたそうです。

この赤い鳥居の先の階段を上がると江島神社の辺津宮です。
左にも階段がありますが、上ると児玉源太郎を祀る児玉神社です。
右の坂道は、岩屋への近道で、朱塗りの橋の先には、杉山検校の墓があります。


鳥居の下の狛犬は、長堀検校の寄進で江の島一の大きさといわれています。



左の階段は児玉神社へ。右の坂は岩屋への近道(下道)。


竜宮城を模して建てられたという瑞心門
https://www.yoritomo-japan.com/enosima-zuisinmon.htm







蟇石と無熱池
瑞心門の左側には、伝説の蟇石があります。
その下にある池は無熱池と呼ばれています。





福石
瑞心門から辺津宮への石段の途中にあります。
杉山検校は、この石につまずいたおかげで、
「管鍼」の技術を発明することができたといいます。

杉山検校の墓


辺津宮
1206年(建永元年)、鎌倉三代将軍源実朝の命によって、
鶴岡八幡宮の供僧良真によって創建されたと伝えられています。
聖天島には良真の木像が残されています。

奉安殿
辺津宮横の八角形のお堂には、
八臂弁財天と、俗に「裸弁財天」と呼ばれる妙音弁財天が安置されています。

エスカーで上ってくると出迎えてくれるのが龍神さま。
龍神の前の白龍池は銭洗いの水です。

八坂神社
江島神社の境内社です。
7月の天王祭では、八坂神社と小動神社の神輿が海上渡御を行います。

江島霊迹建寺の碑
1204年(元久元年)、源実朝が宋国に使節を送った際、
宋の慶仁禅師より贈られた石碑と伝えられています。



・・・・・・・・・・・・・

 江の島


 鎌倉手帳



よりともジャパン.com


検索

Translate