別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2019年8月24日土曜日

歩く鎌倉:寺社と景色と歴史と。

『鎌倉手帳』別冊
『okadoのブログ』

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

okadoのブログ目次


以下の項目をクリックして頂くと、投稿したものの「タイトル」が表示されます。

※学説によっては、このブログの内容と「異なる見解」を示しているものもあるかと思われますが、なるべく一般的なものを選んで投稿しているつもりです。ご了承下さいますようお願いします。


紅葉・黄葉



アジサイ



霊場巡礼

鶴岡八幡宮の大銀杏

鎌倉検定

その他

奈良・京都

富士山


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 夏だ!休みだ!鎌倉だ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 中世歴史めぐり

 鎌倉手帳


 鎌倉ニュース


 鎌倉検定


2019日向薬師の麓に咲く彼岸花~9月中旬頃から~

日向薬師麓の里山に咲くヒガンバナ

 日向のヒガンバナ

例年の見頃は9月中旬から下旬。


★臨時観光案内所

日向地区と洗水地区に臨時観光案内所が設置されます。

○設置日

9月14日(土)・15日(日)・16日(月祝)・
21日(土)・22日(日祝)・23日(月祝)

○設置時間

9:30~15:00

○開花状況

伊勢原市観光協会のページでご確認下さい。

○交通

小田急線「伊勢原駅」から『バス』日向薬師行き(北口3番乗場)

終点又は「洗水」バス停下車。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 日向薬師


日向薬師は、薬師如来の霊場として信仰されてきた古刹。

源頼朝北条政子も参詣しています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 日向の彼岸花

 日本遺産・・・大山

 汐汲み神事:高部屋神社

 浜砂撒きの儀:高部屋神社

 道灌まつり


大山・日向MAP

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 秋の鎌倉

鎌倉のヒガンバナ
 ヒガンバナ

鎌倉のイベント

 歴史めぐり源頼朝


 よりともジャパン.com


中世を代表する建築様式「大仏様」と「禅宗様」~鎌倉検定~

中世禅宗様式仏殿の典型として鎌倉の建造物で唯一国宝に指定されている円覚寺舎利殿は、室町時代に鎌倉尼五山の第一位の寺院の仏殿を移築してつくられたものとされるが、この寺院は何か。

(第2回鎌倉検定試験2級)
(第5回鎌倉検定試験2級)
(第9回鎌倉検定試験2級)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

円覚寺の開山塔正続院の中心的な建物の舎利殿は、西御門にあった尼寺太平寺の仏殿だったもの。

室町時代中期頃の建築物と推定されています。


 円覚寺舎利殿


鎌倉時代には宋の建築様式が輸入されました。

その代表的なものが東大寺南大門にみられる「大仏様」と、鎌倉時代後期から禅宗寺院に採用された「禅宗様」です。




東大寺南大門は、1180年(治承4年)の平重衡南都焼討後に再建された建物。

重源が宋から伝えた建築様式「大仏様」が採用されています。


東大寺南大門円覚寺舎利殿は、中世を代表する建築様式で建てられたもので、いずれも国宝に指定されています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

大仏様、禅宗様が伝えられる以前の建築様式は「和様」と呼ばれます。

2013年(平成25年)に国の重要文化財に指定された英勝寺の建築物5棟(仏殿、山門、鐘楼、祠堂、祠堂門)は、禅宗様と和様を自由に組合せた江戸時代前期らしい意匠を持ち、屋根の弛も軒の反りもつけない直線的な屋根形状で統一されている堂宇群です。






祠堂門(唐門)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 円覚寺

 英勝寺

 東大寺


 鎌倉検定






☆ ☆ ☆ ☆ ☆

鎌倉との繋がりを求めて。
 奈良・京都


 南都焼討

 東大寺の再興

 源義経をめぐる京都


 歴史めぐり源頼朝


 よりともジャパン.com


2019年8月23日金曜日

栄西と茶~鎌倉検定~

壽福寺の開山で、日本に初めて臨済禅を伝えた( 栄西 )は、宋から帰国の折りに茶の種(苗)を持ち帰ったことでも知られる。茶の効用を記し、鎌倉幕府三代将軍源実朝に献上した著書『( 喫茶養生記 )』(国重文)は、禅宗と並び、喫茶の儀礼が広まっていく契機となった。

(第10回鎌倉検定試験1級)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

栄西は、我が国臨済宗の開祖。

二度にわたって中国の宋で学び、臨済禅を修めました。

それまで上流階級に限られていた喫茶の習慣を一般社会に伝えたのもの栄西です。

栄西は宋から帰国後、京都で禅を広めようとしますが、比叡山からの迫害に遭い、1199年(正治元年)頃、鎌倉に下ってきました。


 栄西


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~茶と栄西と宇治茶の始まり~

栄西は、宋から茶の種を持ち帰り、それを筑前の霊仙寺に蒔いて茶を栽培しました。

その種がいつ持ち帰られたものなのかは判りませんが、おそらく2回目の渡宋から帰国した1191年(建久2年)のことと考えられているようです。

霊仙寺に蒔かれ茶は、「岩上茶」の起こりとなったと伝えられています。


また、栄西は5粒の種を栂尾の高山寺の明恵に譲っています。

明恵は、それを高山寺の境内に蒔き、宇治に移植して茶の栽培を行ったといいます。

これが「宇治茶」の起こりと伝えられています。


 高山寺


栂尾の高山寺は、華厳宗の僧・明恵が中興した寺(世界文化遺産)。

明恵は、栄西からもらった茶の種を山内に植えました。

そして、茶を育成します。


 高山寺茶園
(高山寺)


栂尾で育成された茶の木は、宇治へ移植されます。




宇治市にある萬福寺は、禅宗の一つ黄檗宗の大本山。

中国明朝風の伽藍が並ぶ寺です。

山門前には「山門を出れば日本ぞ茶摘うた」という句碑があります。


 萬福寺菊舎句碑
(萬福寺)


そして総門の前にあるのが「駒蹄影園(こまのあしかげえん)址」の碑。


 駒蹄影園


高山寺の明恵は、この辺りに栂尾で育てた茶を移植させたといいます。

伝説による、明恵から茶の木を与えられた里人でしたが、それをどのような間隔で植えたらよいのかわかりません。

すると、明恵が畑に馬を乗り入れ、馬の蹄の跡に植えるよう指示したといいます。

碑には「栂山の尾上の茶の木分け植えてあとぞ生ふべし駒の足影」と刻まれています。

そして、この移植が宇治茶の始まりとなりました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

源実朝に献上された
『喫茶養生記』

 喫茶養生記


『喫茶養生記』は、源実朝に献上されたという我が国最古の茶書。

上下二巻からなる書籍で、上巻は茶について、下巻は桑について、その名称、効用、使用法、製法などが述べられています。

国の重要文化財に指定されています。


『吾妻鏡』によると、1214年(建保2年)2月4日、二日酔いで苦しむ源実朝に、栄西は一服の茶とともに「茶徳を誉むるところの書」としての『喫茶養生記』を献上したといいます。

壽福寺には、『喫茶養生記』の古写本が伝わっていますが、現在は、鎌倉国宝館に寄託されています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~建仁寺の茶碑と桑の碑~

 建仁寺茶碑

京五山第三位の建仁寺は、栄西が開いた寺。

建仁寺にも栄西の作った茶園があったそうです。


 建仁寺桑の碑


栄西は、桑の効用について、

病には5種の相あり

一に飲水病

二に中風

三に不食

三に瘡病

五に脚気。

これらの諸病を治する妙薬は「桑」であり、服すれば長寿無病を得られる。

諸病を治するには、仏教に順じた生活をすることが肝要であるが、桑樹は妙薬であり諸仏菩薩の樹である

と説いています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~鎌倉と栄西~

 壽福寺


『吾妻鏡』によれば・・・

源頼朝が亡くなった年の1199年(正治元年)9月26日、幕府は不動明王像の供養を行っています。

このときの導師が栄西であることが記されていますので、栄西は、これ以前に鎌倉にやってきて活躍の場としていたのでしょう。


以下、『吾妻鏡』に記録された栄西の活動記録です。

1200年(正治2年)正月13日、源頼朝の一周忌に導師を勤める(法華堂)。

1200年(正治2年)閏2月13日、北条政子が創建した壽福寺の開山に迎えられる。

1200年(正治2年)7月15日、北条政子が京で描かせた十六羅漢図の供養の導師を勤める(壽福寺)。

1202年(建仁2年)3月14日、永福寺の多宝塔の供養の導師を勤める。

1203年(建仁3年)9月2日、北条時政邸の薬師如来供養の導師を勤める。

※このとき北条時政は比企能員を誘き出し暗殺している(比企氏の乱)。

1204年(元久元年)12月18日、北条政子が南都で描かせた七観音図の供養の導師を勤める(壽福寺)。

1205年(元久2年)5月25日、御所で行われた五字文殊菩薩の供養の導師を勤める。

1211年(建暦元年)10月19日、宋本一切経五千余巻の供養の導師を勤める(永福寺)。

1211年(建暦元年)10月22日、伊賀朝光が永福寺傍らに建てた一宇の供養の導師を勤める。

1211年(建暦元年)12月25日、源実朝の持仏堂での文殊供養の導師を勤める。

1214年(建保2年)2月4日、二日酔いの源実朝『喫茶養生記』を献じる。

1214年(建保2年)6月3日、祈雨のための法華経を転読。

1214年(建保2年)7月27日、大慈寺の供養の導師を勤める。

1214年(建保2年)10月15日、大慈寺で仏舎利を供養するための法会を始行。

1215年(建保3年)7月5日、入滅。


このように数多くの供養・修法を行った栄西ですが、ほとんどが密教的行法であったといわれています。

京都で臨済禅を広めようとして迫害され、鎌倉に下ってきた栄西ですが、鎌倉においても禅僧として迎えられたというより祈祷僧として北条政子や二代将軍源頼家の帰依を受けていたようです。

この間、京都と鎌倉を往復し、1202年(建仁2年)には、源頼家の外護によって京都に建仁寺を創建し、1206年(建永元年)には重源の跡を継いで東大寺大勧進となっています。


 東大寺鐘楼

東大寺の国宝梵鐘が吊されている鐘楼は、栄西の再建です。



 鎌倉検定






☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 喫茶養生記


鎌倉との繋がりを求めて。
 奈良・京都

 歴史めぐり源頼朝


 よりともジャパン.com


このブログを検索