別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2012年12月24日月曜日

2013巳年の鎌倉・・・蛇に関係する寺社等

鎌倉で巳(蛇)に関係する場所と言えば・・・やはり、銭洗弁財天宇賀福神社でしょう。



源頼朝が巳の年の巳の月の巳の日に見た霊夢によって、宇賀福神を祀ったのが始まりという銭洗弁財天宇賀福神社

宇賀福神は、弁財天と習合した神で、頭が人間、体が蛇という姿をしているそうです。

2013年(平成25年)の正月初巳の日は3日。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


次に蛇で知られているのは、妙本寺蛇苦止堂でしょうか・・・?



比企一族が滅ぼされたとき、源頼家の側室若狭局は、家宝を抱えて井戸に飛び込んだといいます。

のちに、北条政村の娘に祟ったことから、蛇苦止明神として祀られたと伝えられています。


蛇苦止ノ井(蛇形井)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


明王院軍荼利明王像は、手足に蛇が巻き付いています。

明王院初不動は1月28日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

覚園寺十二神将

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

長谷寺弁天窟

入口には、宇賀福神が祀られています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

弁財天と蛇が関係するのだとすれば・・・やはり江の島を忘れてはいけません。

古くは、源頼朝が弁財天を勧請し、江戸時代には弁財天を参拝する人々で賑わいました。

でも、江の島は蛇というより龍なのでしょうか・・・。

ただ、群猿奉賽像庚申塔には、蛇と36匹の猿が浮き彫りされています。


江島弁財天(奉安殿)


・・・・・・・・・・・・・

鎌倉の初詣
鎌倉手帳

このブログを検索




Google+ Badge