別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2017年3月18日土曜日

頼朝に弓馬道を語った西行~鶴岡八幡宮の流鏑馬~

『吾妻鏡』によると・・・

鶴岡八幡宮で流鏑馬が始められた年の前年8月15日、鶴岡八幡宮に参拝した頼朝は、鳥居の辺りを徘徊している一人の老僧を見つけます。

梶原景季に名前を尋ねさせたところ、佐藤兵衛尉義清という元北面の武士で、今は西行と名乗っているとのことでした。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~ 西 行 ~

平安時代から鎌倉時代にかけて活躍した西行の俗名は、佐藤義清(のりきよ)。

その家系は藤原秀郷を祖とし、曾祖父の頃より「左衛門尉」であったことから「佐藤」を名乗るようになったとする説があります。

源頼朝に仕えた安達盛長や、源義経に仕えた佐藤継信・忠信兄弟が同族といわれています。


西行像


義清が誕生したのは、平清盛と同じ1118年(元永元年)。

鳥羽上皇の時代には、北面の武士として仕えました。

「北面」とは、白河法皇の時に院警固のための設置された制度で、弓馬の道に優れただけではなく、眉目秀麗で、詩歌管弦に堪能であることが条件とされていたそうです。

しかし、義清は、1140年(保延6年)、23歳で出家してしまいます。

『西行物語』は、出家の原因を親友の佐藤範康の死と伝えているようです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~弓馬道を教えてもらった頼朝~

さて、西行と出会った頼朝は、

『吾妻鏡』によると・・・

鶴岡八幡宮奉幣の後、西行を御所に招き入れて、和歌や弓馬のことについて尋ねます・・・

しかし西行は、

「弓馬のことは、出家する前まではその流派を伝えていましたが、1137年(保延3年)に出家したときに、藤原秀郷以来九代の嫡流家に伝わった兵法は焼いてしまい、罪業の原因ともなりますので心にも留めず、忘れてしまいました。

詠歌については、花月に対して心が動いたときにただ31文字を作るだけで、深く理解しているわけではありません」

と答えたのだといいます。

それでも、頼朝が再三にわたって尋ねたので、弓馬のことは一晩に亘って語ったといいます。

頼朝は、藤原俊兼にその口述を記録させたそうです。




翌日の正午ごろ、西行は頼朝の御所を辞します。

頼朝は、このとき銀で作られた猫を西行に贈りますが、西行は、門の外で遊んでいた子どもたちに玩具として与えてしまったそうです。

西行は、東大寺復興費用の勧進のため奥州へ向かう途中でした。

(※絵:「西行法師子供に銀猫を与ふるの図」)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

西行から弓馬道について聞いた頼朝は、翌1187年(文治3年)8月15日、鶴岡八幡宮で放生会を催します。

そして「流鏑馬」を奉納しました。

これが鶴岡八幡宮例大祭の起源となります。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

もうすぐ鎌倉まつり

最終日(4月16日)には武田流流鏑馬が奉仕されます。


 武田流流鏑馬


鎌倉市観光協会で観覧席付きリストバンドが販売されています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 鎌倉まつり

 静の舞 伊豆の頼朝
 義経まつり 流鏑馬


 鎌倉のイベント


 春旅!魅力の鎌倉!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

運転免許更新をどうする・・・
 運転経歴証明書


安心して利用するために!
 成年後見


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge