別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2014年5月21日水曜日

吾妻鏡が伝える奥州平泉の中尊寺



中尊寺は、慈覚大師円仁が開いたと伝えられ、奥州藤原氏初代の清衡が堂塔を整えました。

「平泉~仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群~」の構成資産として世界文化遺産に登録されています。





八幡堂

 弁慶堂


『吾妻鏡』は中尊寺について以下のように伝えています。

堂塔は40余、禅坊は300余。

清衡が奥六郡の管理を初めて最初に建てられた寺で、白川の関(福島県白河市)から外の浜(青森市)までの道に一町(約109m)ごとに、面に金色の阿弥陀像が描かれた笠塔婆を建て、その中央を計り、その山の上に塔を建てた。

寺院の中央には多宝寺があって、釈迦如来と多宝如来を安置。

塔と多宝寺の中間に道を通して関所を置き、旅人の往来の道とした。







 中尊寺釈迦堂


釈迦堂には、百余体の釈迦如来像を祀った。

両界堂の仏像は木造で金色。

二階大堂(大長寿院)は、高さは五丈、本尊は三丈の金色阿弥陀仏、脇立の九体の阿弥陀仏は丈六。





金色堂は、建物全てが金色で、堂内には三つの壇があって全て螺鈿で飾られ、阿弥陀三尊、二天、六地蔵は定朝の作。




鎮守は、南に日吉社を崇敬し、北に白山宮を勧請。







その他、宋の一切経を納める経蔵など・・・



清衡は、延暦寺園城寺東大寺興福寺など国内の寺から、中国の天台山まで、寺毎に千僧供養を行った。
(※千僧供養とは、千人の僧を招いて食事を提供し、法会を営むこと。)

そして、死に臨んでは、極楽往生を願う「逆修」を始め、百日目に当たる日に、病気でもないのに、合唱し、念仏と唱えながら、眠るが如く眼を閉じた。



 中尊寺鐘楼

 中尊寺

 大池跡

 弁慶の墓



☆ ☆ ☆ ☆ ☆


 奥州平泉




☆ ☆ ☆ ☆ ☆

難しい成年後見人の解任!
 成年後見人の解任

安心して利用するために!
 成年後見


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索