別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2014年5月22日木曜日

吾妻鏡が伝える奥州平泉の毛越寺



毛越寺は、慈覚大師円仁が開き、奥州藤原氏二代の基衡、三代の秀衡の時代に伽藍が整えられました。

「平泉~仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群~」の構成資産として世界文化遺産に登録されています。





 毛越寺本堂

 毛越寺開山堂


『吾妻鏡』は毛越寺について以下のように伝えています。


堂塔は40余、禅坊は500余。

基衡が、これを建立した。

金堂は円隆寺といい、金銀を沢山用いて、紫檀や赤木などを使用し、多くの宝物で彩られ、雲慶作の丈六薬師如来像と十二神将像が安置されている。

玉眼入りの仏像としては最初の例。




講堂、常行堂、二階惣門、鐘楼、経蔵などもある。



南大門跡(二階惣門)









吉祥堂の本尊は、洛陽の補陀洛寺の本尊(観音)を模したもの。

生身の観音で厳重な霊像で、丈六の観音像を造って、胎内に納めた。


千手堂には、金銀をちりばめた木像二十八部衆が安置。


嘉勝寺は、基衡が完成を見ずに入滅したので、秀衡が完成させた。

本尊は丈六の薬師如来で、四方の壁と三面の扉には法華経第28巻の内容が彩りよく描かれている。












芭蕉句碑




☆ ☆ ☆ ☆ ☆


 奥州平泉




☆ ☆ ☆ ☆ ☆

難しい成年後見人の解任!
 成年後見人の解任

安心して利用するために!
 成年後見

このブログを検索




Google+ Badge