別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。

検索




2013年6月14日金曜日

箱根の宝篋印塔(多田満仲墓)と極楽寺の忍性

箱根町元箱根の精進池畔に建てられている安山岩製の宝篋印塔は、多田満仲のものと伝えられています。

刻銘によれば、1296年(永仁4年)、大和国の石工大蔵安氏によって造られました(重要文化財)。


塔身の三面には種子が彫られている。


この宝篋印塔は関西形式から関東形式に移行する最初の塔であるともいわれています。


塔身の一面には阿弥陀如来坐像の浮彫り。



そして、石工心阿の追刻によると、1300年(正安2年)には極楽寺忍性が供養の導師を勤めています。

心阿は大蔵安氏の子で、安氏が宝篋印塔製作の途上で死去したため、心阿がその跡を受け継いで完成させたのだといいます。

鎌倉:安養院の良弁尊観のものと伝えられる宝篋印塔にもその名が刻まれています。



1308年(徳治3年)の銘があるもので鎌倉最古の石塔。



極楽寺忍性は、大和国の大蔵派の石工集団を率いて、建設や土木事業を行っていました。
当時、安山岩を加工する技術を持った者は関東にはいなかったようです。





多田満仲の宝篋印塔の周辺には、六道地蔵をはじめとする石仏群が存在します。

六道地蔵



精進池

応長地蔵

八百比丘尼の墓


二十五菩薩石仏群


これらも極楽寺忍性がかかわっているのではないかといわれています。

近くには曾我兄弟と虎御前の五輪塔もあります。



・・・・・・・・・・・・



 鎌倉手帳



よりともジャパン.com


検索

Translate