別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2018年8月11日土曜日

謀叛を疑われた源範頼

源範頼は、源頼朝の異母弟。

遠江国蒲御厨で生まれ育ったため蒲冠者、蒲殿などと呼ばれていました。

異母弟の源義経とともに木曽義仲や平家を滅ぼすなどの活躍をしました。

しかし、1193年(建久4年)、謀叛を疑われてしまいます。


 源平合戦

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

この年の5月、頼朝は富士裾野で大規模な巻狩を催します。

そのときに起こったのが曽我兄弟の仇討ち

5月28日夜半、曽我十郎祐成と五郎時致の兄弟が工藤祐経を殺害した事件です。


 富士の巻狩りと曽我兄弟の仇討ち


頼朝は無事でしたが・・・

『保暦間記』によると、鎌倉には「頼朝も討たれた」という誤報が伝わり、心配する北条政子範頼は「私がいるから心配ない」と発言。

これを知った頼朝は、範頼の謀叛を疑ったのだとか。

ただ・・・

『吾妻鏡』には、5月30日に富士裾野からの使者が到着した記事が載せられていますが、曽我兄弟の仇討ちがあったことを伝えているだけのようです。

曽我兄弟の仇討ち以降、範頼が『吾妻鏡』に登場するのは8月2日です。


この日、範頼は、起請文を書いて頼朝に提出しました。

これは、反逆を企んでいると聞いた頼朝が、それを範頼に尋ねたため書かれたもの。

だだ、起請文の署名が三河守源範頼となっていたため、

頼朝は「源の文字を使うのは、源家の一族と思っているのだろうが、すこぶる思い上がりである」

として激怒したそうです。

そのことは範頼に伝えられています。


8月10日、範頼の家来・当麻太郎が、頼朝の本心を確かめようと頼朝の寝所の床下に忍び込みます。

しかし、頼朝に感づかれて捕らえらえてしまいます。

範頼は知らなかったようですが、当麻太郎は範頼が頼りにしていた武士として知られていたようです。


8月17日、範頼は伊豆国の狩野宗茂、宇佐美祐茂らの預けられました。


その後、範頼がどうなったのか『吾妻鏡』からはわかりませんが・・・

修禅寺に幽閉された後、間もなく梶原景時らに攻められて自刃したのだと伝えられています。

他にも様々な伝説が残されているようですが・・・


 源範頼の墓
(伊豆市修善寺)






☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 源平合戦

 富士の巻狩りと曽我兄弟の仇討ち

 歴史めぐり源頼朝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 農林漁業の六次産業化


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge