別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2017年10月11日水曜日

熱海駅前の足湯「家康の湯」

1604年(寛文2年)、徳川家康は7日間にわたって熱海に逗留して湯浴みをしたのだといいます。

三代家光は御殿を築き、四代家綱は熱海の湯を江戸城まで運ばせ「御汲湯」と呼ばれていました。

御汲湯が最も盛んに行われたのが八代吉宗の頃で、1726年(享保11年)からの9年間に3643樽が江戸城に運ばれたのだそうです。


熱海駅前の足湯「家康の湯」は、家康の湯浴みから400年を記念して熱海温泉組合によって整備されました。


その後、熱海市に寄贈され、現在の足湯は駅前再整備後のもの。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 湯前神社

熱海の温泉街に鎮座する湯前神社は、平安時代からの古社。

鎌倉時代に入って、源頼朝伊豆山権現(走湯権現)・箱根権現二所詣を始めると、「湯治の神」として信仰されるようになっていったといいます。


日航亭

湯前神社前の「大湯」は、徳川家康が湯治に訪れたという源泉。

そのため「出世の湯」と呼ばれています。

その湯は、日航亭で浴することができます。

大湯間欠泉

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

熱海と源頼朝の伝説

 歴史めぐり源頼朝

 源頼朝ゆかりの地

 伊豆・箱根

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

親族が集まるときに考えてみましょう!

 任意後見契約

 遺言

 尊厳死の宣言

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索