別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2016年7月28日木曜日

真鶴の小松石~源頼朝墓・鎌倉大仏の台座・鶴岡八幡宮大石段・・・~

 源頼朝墓


源頼朝墓は、真鶴の小松石が使用されているのだそうです。

小松石は箱根の火山活動によってつくられた安山岩で、真鶴でしか採れないのだとか。


真鶴といえば・・・

1180年(治承4年)、石橋山の戦いで大敗を喫した源頼朝が、安房国へと船出した地。


 鎌倉大仏

鎌倉大仏の台座も小松石のようです。


 鶴岡八幡宮

30年ほど前の鶴岡八幡宮大石段の修復にも小松石が使われているようです。


石工先祖の碑
(真鶴町)


真鶴の石材業は、平安時代末、京より下ってきた土屋格衛という人物によって始められたのだといいます。

源頼朝が鎌倉に幕府を開くと、多くの巨石が鎌倉へ運ばれ、寺社などの建設に使用されたそうです。

江戸城築城の際にも大量の石が積み出されました。

「石工先祖の碑」は、真鶴石材業の生みの親・土屋格衛と、江戸城を築くための採石にあたった黒田長政支配下の7人の石工たちの業績をたたえた碑。


 貴船まつり

日本三船祭といわれる貴船まつりは、漁師と石材関係者たちがそれぞれ決められた役目を担うのだといいます。


 真鶴岩海岸


 歴史めぐり源頼朝


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

安心して利用するために!
 成年後見

農地・農業に関する情報!
 農地制度


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge