別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2013年4月16日火曜日

三々九手挟式・・・伊豆山神社例大祭

4月15日は源頼朝が崇敬した伊豆山神社の例大祭。






例大祭では、「神子舞」と「実朝の舞」が奉納され、四基の神輿が参道の石段を下ります。


実朝の舞


そして・・・

小笠原流宗家一門による「三々九手挟式」(さんざんくたばさみしき)が奉仕されます。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

「三九手挟式」
(さんざんくたばさみしき)

古来、正月4日の「弓始め」のときに行われていた儀式。





烏帽子・直垂(女性は水子)姿の射手が前弓・後弓の2組に分かれ、1人2本ずつの矢を順番に射ます。

最後に各組の大将が射て合計点数を競い合います。



蟇目の儀

矢を射放つと風を切る音を発します。そのため、魔障を退散させる儀式として伝えられています。



的の一辺の長さは・・・
前弓の
前弓の的は一辺八寸(24㎝)
後弓の的は一辺九寸(27㎝)



的は杉又は桧の板的を用いられます。

前弓の板的の裏には十文字の切れ目が入り、後弓の板的の裏には三寸毎の井桁(いげた)の切れ目が入っています。

この板的を串に挟んで立てて射抜くことから、井桁の数より「三々九の挟物」といわれています。

的までの距離は通常20メートル。



前弓(先に射る者)

後弓(後に射る者)

大将

的中した回数で勝負が決まります。
(大将の的中は2本と数えられます。)


結果が発表され儀式は終わります。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

参道を下りる神輿

 伊豆・箱根

 熱海で頼朝


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

農作業が大変になったら、
手伝ってもらいましょう!
 農作業の受委託

農業ができなくなったら、
農地の貸すことを考えましょう!
 農地の貸借


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ


このブログを検索




Google+ Badge