別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2018年8月15日水曜日

源頼朝が始めた放生会を起源とする鶴岡八幡宮例大祭

 鶴岡八幡宮例大祭


鶴岡八幡宮例大祭は、源頼朝が始めた放生会を起原としているそうです。

『吾妻鏡』によると、頼朝が最初に放生会を催したのは1187年(文治3年)8月15日。

放生会の後には流鏑馬が奉納されています。

そして、1190年(建久元年)から二日間の祭事となり、流鏑馬は放生会の翌日(16日)に行われるようになりました。

現在は、9月14日から16日の三日間で行われています。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 浜降式

浜降祭は、例大祭前日の9月14日早朝に行われる祭事。

身を浄(清)めるために宮司以下祭人が海に入って禊(みそぎ)をします。

浄めのしるしとして採取された海草が境内各所に掲げられ、夕刻(午後6時)から宵宮祭(前夜祭)が行わます。


 神幸祭

9月15日は、午前10時から例大祭。

祭事を終えると舞殿で八乙女の舞が奉仕されます。

午後1時からは神幸祭

応神天皇、比売神、神功皇后の神輿が若宮大路の御旅所(二の鳥居)まで渡御します。


八乙女の舞

御旅所でも「八乙女の舞」が奉仕されます。


小笠原流・流鏑馬

最終日(9月16日)は小笠原一門による流鏑馬が奉納されます(午後1時から)。






☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 鶴岡八幡宮



 鶴岡八幡宮例大祭

 鶴岡八幡宮神幸祭

 流鏑馬

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 青年等就農計画


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge