別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2018年4月29日日曜日

鎌倉江の島ハイキング~稲村ヶ崎・磯づたい道~2018/04/29

 鶴岡八幡宮


「稲村ヶ崎・磯づたいのみち」は、鶴岡八幡宮の参道・若宮大路から海岸沿いの国道を由比ヶ浜稲村ヶ崎七里ヶ浜江ノ島と、古都鎌倉の海の名所をだどるコース。


 大巧寺

大巧寺は「おんめさま」の名で親しまれている安産祈願の寺。


 レンバイ

鎌倉市農協連即売所(レンバイ)は、1928年(昭和3年)に発足した鎌倉野菜の販売所。


 下馬

かつて、下馬四ツ角から鶴岡八幡宮までは、馬の乗り入れが許されず、参拝するときはここで馬を下りのだそうです。


 琵琶橋

かつて、一の鳥居から二の鳥居の間は「琵琶小路」と呼ばれていたのだといいます。

琵琶橋鎌倉十橋の一つ。


 日本基督教団鎌倉教会会堂

日本基督教団鎌倉教会会堂は、1926年(大正15年)に建てられた戦前のプロテスタント教会会堂の代表的建築物。


 浜の大鳥居跡

戦国時代に北条氏康が造立した鳥居の跡と考えられているようです。

鶴岡八幡宮の一の鳥居は浜の大鳥居と呼ばれ、創建当初はこの辺りにあったとも考えられています。





 鶴岡八幡宮一の鳥居

現在の一の鳥居は、1668年(寛文8年)に江戸幕府四代将軍徳川家綱によって寄進された石造明神鳥居。


 畠山重保の墓

一の鳥居の傍らに建つ宝篋印塔は、畠山六郎重保の墓と伝えられています。


 鎌倉海浜公園
~由比ガ浜地区~


 タンコロ

江ノ電の107号車(タンコロ)は、1931年(昭和6年)に誕生し、約50年間鎌倉の街を走り続けた車両。


 鎌倉海浜院・鎌倉海浜ホテル跡

鎌倉海浜院は、わが国最初の海浜サナトリウム(結核療養所)。

ホテルとしても営業されていました。


 海水浴場開場100年碑

由比ヶ浜は、1884年(明治17年)、医学者長与専斎によって「海水浴に最適の地」と称されて開かれた海。


 由比ヶ浜

 ハマダイコン

 ハマヒルガオ


 稲瀬川

稲瀬川は、長谷から由比ヶ浜に注ぐ川で、源頼朝が鎌倉入りした当時は、この川が鎌倉の境界になっていたようです。


 坂ノ下海岸

坂ノ下海岸は、稲瀬川から霊山ヶ崎(稲村ヶ崎)までの漁師の海岸。


 鎌倉海浜公園
~坂ノ下地区~

 源実朝歌碑

鎌倉海浜公園の源実朝歌碑

「世の中はつねにもがもななぎさこぐあまの小舟の綱手かなしも」

 由比ヶ浜海岸


磯づたいの道



 鎌倉海浜公園
~坂ノ下地区~


 稲村ヶ崎

稲村ヶ崎は、新田義貞の鎌倉攻めの際の古戦場。

 稲村ヶ崎

 逗子開成中学のボート遭難碑

 砂鉄の浜

かつて七里ヶ浜に注ぐ極楽寺川や音無川の河口では、多くの砂鉄が採取されていたのだそうです。


磯づたいの道


西田幾多郎歌碑


海沿いを走る江ノ電


 七里ヶ浜

七里ヶ浜は、稲村ヶ崎から小動岬までの約2.9㎞の海岸。


 鎌倉高校前駅


 小動神社

小動神社(こゆるぎ)は、佐々木盛綱が近江の八王子宮を勧請したのが始まり。


 浄泉寺

浄泉寺は、空海によって開かれたと伝えられる真言宗の寺院。


 腰越漁港

腰越漁港は、小動岬の西側に隣接する第1種漁港。


 腰越海岸

江の島小動岬の間の海岸は、東側が腰越海岸で、西側が片瀬東浜海岸

 片瀬東浜


 稲村ヶ崎・磯づたい道






☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 鎌倉ハイキング

 初夏の鎌倉

 GW鎌倉

 鎌倉のアジサイ

 東京2020オリンピック

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

安心して利用するために!
 成年後見


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ


このブログを検索




Google+ Badge