別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2016年12月7日水曜日

真田信之の菩提寺~京都:妙心寺塔頭大法院~

 妙心寺大法院


妙心寺塔頭大法院は真田信幸(信之)の菩提寺。


信幸は真田昌幸の長男。

信繁(幸村)の兄。


関ヶ原の戦いでは、父昌幸、弟信繁は西軍に、信幸は東軍に付いて戦います。

戦後、上田藩主となり、父昌幸との決別を家康に表すため信之に改名したのだといいます。


1622年(元和8年)、信濃松代藩に移封。

1658年(万治元年)10月17日死去。


大法院は、1662年(寛文2年)、信之の孫・長姫が信之の遺命によって創建したのだと伝えられています。


 妙心寺

・・・・・・・・・・・

鎌倉との繋がりを求めて・・・
 奈良・京都


・・・・・・・・・・・・・

 任意後見契約

このブログを検索




Google+ Badge