別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2012年2月12日日曜日

破壊された源頼朝墓2012/02/12

源頼朝墓


報道によると、2月11日昼過ぎ、法華堂跡「源頼朝墓」が破壊され、容疑者の男が逮捕されたそうです。

「源頼朝墓」は、1779年(安永8年)、薩摩藩の島津重豪が建てた多層塔ですが、1989年(平成元年)にも何者かによって破壊され修繕が加えられています。

(参考:大将!源頼朝の墓~法華堂跡~


層塔の最上部が破壊された源頼朝墓
詳しくは、下の写真で。


「源頼朝墓」を中心とする「法華堂跡」は国の指定史跡で、来年夏に決定される「世界文化遺産」の登録候補となっている史跡です。

(参考:「武家の古都・鎌倉」世界文化遺産候補21の史跡



『吾妻鏡』によると、源頼朝は、1189年(文治5年)7月18日、走湯山(伊豆山権現)の專光坊良暹を呼び出して、聖観音像を本尊とする祈願所を設けることを命じています。

その祈願所が頼朝の「持仏堂」です。

頼朝は、その死後、「持仏堂」に葬られたと伝えられ、以後、「持仏堂」は「法華堂」と呼ばれるようになったといいます。

「源頼朝墓」は、その後廃された法華堂の跡地に建てられました。

(参考:源頼朝の守り本尊~正(聖)観音像~


被害の状況は以下のとおり。


ロープが張られ「立入禁止」と掲げられています。

一番上の相輪部分が破壊されたようです。

裏側には相輪部と思われる残骸がありました。


左手前の灯籠は倒され、右側奥の灯籠も上部が落とされています。



白旗神社の狛犬も破壊されています。


鳥居の前には狛犬が置かれていましたが・・・


左側の狛犬は、胴体が真っ二つに折られてしまったようです。右側の狛犬は落ちただけだったのでしょうか・・・?

狛犬が破壊される前の白旗神社




日本国民の歴史的・精神的遺産を壊すとは・・・

残念な事件です。


法華堂跡
http://www8.plala.or.jp/bosatsu/page041hokedoato.htm
鎌倉手帳
http://www8.plala.or.jp/bosatsu/kamakura.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge