別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。

検索




2011年10月21日金曜日

頼朝と義経!涙の対面


1180年(治承4年)10月20日、富士川の戦いで平家軍を破った源頼朝は、翌日黄瀬川の宿に戻ります。


そこへ一人の若者がやってきて頼朝への面会を求めました。

土肥実平、土屋宗遠、岡崎義実らがこれを怪しみ、取り次ぎをしないでいましたが・・・

この話を聞いた頼朝は、「年齢の程を思うと奥州の九郎(義経)かもしれない。すぐに会おう」と言います。

土肥実平が若者を請じ入れると、やはり義経でした。

義経が御前に進むと、互いに往時をしのび、懐旧の涙を流します。


そして頼朝は、

後三年の役の際に、先祖源義家が苦戦をしていると、弟義光が朝廷警固の官職を辞して奥州に下り、敵を滅ぼすことが出来たという故事を引き合いに出し、

「今日ここへ来たのは、この先祖の例に匹敵するものだ」

といって義経の来訪を喜んだのだといいます。


(静岡県:八幡神社境内)


源義経


義経頼朝の異母弟。

母は常盤御前

平治の乱後、鞍馬寺に預けられますが、奥州へ下り藤原秀衡の庇護を受けていました。


鞍馬寺


10月1日には、義経の同母兄全成頼朝のもとに参上しています。

全成は、平治の乱後、醍醐寺に預けられていましたが、頼朝が挙兵すると寺を抜け出し、石橋山の戦いの直後、佐々木定綱ら兄弟と出会い、渋谷重国に匿われていました。




醍醐寺


(参考:渋谷重国と佐々木四兄弟~石橋山の戦い~







☆ ☆ ☆ ☆ ☆

源義経伝説

奥州平泉

伊豆・箱根

歴史めぐり源頼朝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

2022年の大河ドラマ
鎌倉殿の13人

二代執権北条義時


特集!「鎌倉殿の13人」伊豆国編

特集!「鎌倉殿の13人」鎌倉編


よりともジャパン.com


検索

Translate