別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。


Translate

2011年5月5日木曜日

源実朝の首と七騎谷の伝説~鎌倉:龍寳寺~

1219年(承久元年)1月27日、三代将軍源実朝は、鶴岡八幡宮で行われた右大臣拝賀の式に出席し、その帰りに甥の公暁によって暗殺されてしまいます。

(参考:源実朝の暗殺

実朝の首を持った公暁は、鶴岡八幡宮の裏山を越えて三浦義村邸に向かいますが、義村によって差し向けられた長尾定景によって討たれました。

(※久成寺には、長尾定景一族の墓があります。)



龍寳寺には源実朝の位牌が安置されています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~七騎谷の伝説~

龍寳寺のある谷は、「七騎谷」と呼ばれています。

かつては深い谷で人が入ることは希であったといいます。

伝えられている話では、

公暁が持っていた実朝の首を、七騎の武士が持って逃げ、この谷に隠れて追手に捕まるのを逃れたのだといいます。

その後、この谷は「七騎谷」と呼ばれるようになったということです。


~実朝の首の行方~

『吾妻鏡』によれば、実朝は勝長寿院に埋葬されますが、首がないため髪の毛を代わりに納めたと記されています。

そして・・・

秦野市には「源実朝公御首塚」があります。

長尾定景とともに公暁の追討を命ぜられた武常晴は、実朝の首を拾い秦野の地に葬ったと伝えられています。

この「武常晴」の伝説と「七騎の武士」の伝説とには何らかの関係があるのでしょうか・・・?


 源実朝の墓
(秦野市)

 龍寳寺


 鎌倉手帳

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

安心して利用するために!
 成年後見

農地・農業に関する情報!
 農地制度


このブログを検索