別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。

検索




2019年2月2日土曜日

臨済宗寺院の寺格「十刹」~鎌倉検定~

昨年の鎌倉検定1級に次の問題が出題されました。

かつての関東十刹に数えられた寺のうち,鎌倉市内には現存するものがいくつあるか。

1 4つ  2 3つ  3 2つ  4 1つ


正解は「3」なのですが、十刹とは何か?

十刹とは臨済宗寺院の寺格で五山の次に置かれました。

成立は鎌倉時代末と考えられているようです。

当初の十刹には、後に五山へ昇格する浄妙寺も含まれていました。

室町時代になると天下十刹が定められ、変遷があった後、足利義満のときの五山制度改革によって、五山は鎌倉五山京都五山に、十刹は関東十刹と京都十刹に分けられたようです。


鎌倉検定の問題に戻ります。

正解は「3」の2つということですが、その2つとはどこなのか?

瑞泉寺大慶寺です。

五山制度改革によって定められた関東十刹のうち鎌倉の寺院は、禅興寺(廃寺)・瑞泉寺東勝寺(廃寺)・万寿寺(廃寺)・大慶寺・興聖寺(廃寺)・善福寺(廃寺)・法泉寺 (廃寺)だったようです。


禅興寺跡(明月院)
(明月院)

明月院の門前に建つ碑には、本朝十刹第一位と刻まれています。


禅興寺は、五山制度改革前から十刹に定められていた寺院。

明月院は禅興寺の支院の首位に置かれていました。






瑞泉寺

瑞泉寺は、鎌倉公方の菩提寺として栄え、塔頭も十二院を数えていたといいます。

五山制度改革前には準十刹に定められていたようです。



東勝寺も五山制度改革前から十刹に定められていたようです。


大慶寺

かつての大慶寺には塔頭が五つあったといわれています。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

~参考~

1323年(元亨3年)、円覚寺では九代執権北条貞時の十三回忌供養が盛大に行われました。

鎌倉とその近傍の禅宗寺院38寺から2030人の僧が参集したそうですが、各寺院の参列者の数で当時の寺の規模がわかるようです。

📎北条貞時十三回忌供養



鎌倉検定


北条氏をめぐる鎌倉

鎌倉五山


建長寺

円覚寺

壽福寺

浄智寺

浄妙寺


よりともジャパン.com



検索

Translate