別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2017年5月3日水曜日

2017GW円覚寺舎利殿の特別拝観



鎌倉時代には宋の建築様式が輸入され、その代表的なものが東大寺南大門にみられる「大仏様」と円覚寺舎利殿にみられる「禅宗様」です。


 東大寺南大門


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 円覚寺舎利殿


舎利殿円覚寺の塔頭正続院の中心をなす建物。

現在の舎利殿は、鎌倉尼五山の一つ太平寺の仏殿が移築されたもの。

開山堂前の昭堂(礼堂)で、仏舎利を祀っていることから「舎利殿」と呼ばれています。

日本最古の唐様(禅宗様)建築物、そして、鎌倉で唯一の国宝建造物です。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 太平寺跡碑


太平寺の仏殿は、1284年(弘安7年)頃には建てられていたと考えられています。

太平寺は、1556年(弘治2年)、安房の里見義弘が鎌倉に攻め入った際、住職の青岳尼を連れ去って妻としたことから、北条氏康(後北条氏)の怒りを受けて廃寺とされてしまいました。

その後、1563年(永禄6年)の大火で正続院の諸堂が焼失してしまったことから、氏康は太平寺仏殿を移築して昭堂としたのだそうです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 大慈寺跡碑


舎利殿の仏舎利は、三代将軍源実朝が宋より請来したもので、大慈寺に安置されていたましたが、1285年(弘安8年)、九代執権北条貞時によって円覚寺に移されました。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

GW特別拝観

 円覚寺舎利殿


GWの円覚寺舎利殿特別拝観は、5月3日(水)~5日(金)。

拝観時間は9:00~16:00

拝観料200円(円覚寺入山料とは別)

方丈では呈茶席が設けられるようです(1000円)。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆



参考までに、横浜にある神奈川県立歴史博物館には、舎利殿が復元され、内部の様子も詳しく見ることができます。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 円覚寺


 鎌倉:GW特集

 鎌倉あじさい物語

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

親族が集まるときに考えてみましょう!

 任意後見契約

 遺言

 尊厳死の宣言


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ


このブログを検索




Google+ Badge