別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2017年2月17日金曜日

東大寺大仏殿の二菩薩と四天王と源頼朝

『吾妻鏡』によれば、平重衡の焼討によって焼失した東大寺の再興に助力していた源頼朝は、1194年(建久5年)、大仏殿内の二菩薩と四天王の造像を御家人の負担としています。

観音菩薩像・宇都宮朝綱

虚空蔵菩薩像・中原親能

増長天像・畠山重忠

持国天像・武田信光

多聞天像・小笠原長清

広目天像・梶原景時


虚空蔵菩薩

如意輪観音

広目天

多聞天


脇侍の虚空蔵菩薩と如意輪観音、四天王像は運慶とその一族によって造立されたものだったといいます。

しかし、頼朝が御家人に命じて造像の負担をさせた二菩薩と四天王は、松永久秀の兵火によって焼失してしまいました。


持国天と増長天は頭部

その後、造像されたのが現在の諸仏ですが、持国天と増長天は頭部が残されているのみとなっています。

 東大寺大仏殿

鎌倉との繋がりを求めて。
 奈良・京都

 歴史めぐり源頼朝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

農地と農業の情報!
 農地制度

このブログを検索




Google+ Badge