別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2015年2月18日水曜日

源頼家と死相の面・・・修禅寺物語

源頼家が伊豆修禅寺に流された頃、修禅寺には夜叉王という面作り師がいました。


頼家は、夜叉王に自分の顔の面を注文します。

しかし、何度作っても面に死相が現れ、なかなか完成させることができません。


半年が経った秋の晩、頼家は面の催促に夜叉王を訪れます。

夜叉王は「面に死相が出てしまいお渡しできない」と話すと、頼家は激怒して夜叉王を斬ろうとしますが、それを止めに入った娘の桂(かつら)が死相のある面を頼家に献上します。

桂はそのまま頼家のもとに出仕して側女となりました。


その後、頼家は討手に襲われて命を落とします。

頼家の身代わりになるため、頼家の面を付けて奮戦した桂も瀕死の状態で実家へと落ち延びます。


ところが、夜叉王は・・・

死相の現れた面は、自分の技量が足りないからではなく、頼家の運命を予言したものだったことを悟り、瀕死の娘の顔を写しとろうとするのでした・・・。





源頼家は、鎌倉幕府の二代将軍。

1203年(建仁3年)9月29日、伊豆修禅寺に幽閉され、翌年7月18日に暗殺されます。

修禅寺には「頼家の面」が伝えられています。

岡本綺堂は、「頼家の面」を拝観して『修禅寺物語』を描いたそうです。







☆ ☆ ☆ ☆ ☆

親族が集まるときに考えてみましょう!

 任意後見契約

 遺言

 尊厳死の宣言

このブログを検索




Google+ Badge