別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2014年12月8日月曜日

除夜の鐘・・・鎌倉

鎌倉で「除夜の鐘」がつける寺のご紹介。



円覚寺では塔頭正続院の鐘をつくことができます。

先着400名。

正続院(しょうぞくいん)は、円覚寺の開山無学祖元(仏光国師)の塔所(開山塔)です。

中心となる建物は、鎌倉で唯一の国宝建築物の舎利殿源実朝が宋より請来した仏舎利を納めています。


撞くことができるのは国宝の梵鐘(写真)ではありませんが、道場横の鐘を撞くことができます。

11時45分から順次。



先着108名:「あかつきの鐘」は全員。

材木座の補陀洛寺から移された鐘です。

分捕り品となって土中に埋められた鐘を、のちに農民が掘り出したものと伝えられています。

鐘楼天井には、龍が描かれています。

※「あかつきの鐘」は「除夜の鐘」の後につかれます。



先着108名:23時から整理券配布

浄智寺の山門は鎌倉でも珍しい鐘楼門。
楼上の梵鐘は、暦応3年(1340年)の銘のあるもので、県の重要文化財に指定されています。



先着108組:22時50分頃から整理券配布

現在鐘楼に吊されている梵鐘は、新たに鋳造されたものですが、宝物館に安置されている梵鐘は鎌倉四大古鐘の一つです。

銘文には、1264年(文永元年)甲子7月15日新長谷寺とあります。



1時終了

不動堂に安置されている秘仏「不動明王像」が公開されます。
源頼朝の挙兵の伝説が残る不動明王像です。



開山の日出が上総布教の際、木更津八幡宮別当泉蔵寺で八剣と論争した末に勝利し、記念として譲り受けたもの。


23時から先着順・整理券配布

先着108組:23時頃から整理券配布

鎌倉最古の寺


浄土宗関東総本山

徳川家ゆかりの寺

鎖大師の寺

源義経ゆかりの寺

先着108名


※例年の除夜の鐘の撞ける寺をご紹介しています。

※整理券配布の時間等の詳細は、鎌倉市観光課でご確認ください。

このブログを検索




Google+ Badge