別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2014年11月12日水曜日

仁和寺にある法師・・・の伝説・・・石清水八幡宮

『徒然草』第52段には、仁和寺の法師が石清水八幡宮に参拝したときのことが書かれています。


仁和寺にある法師、年よるまで石清水を拝まざりければ、心うくおぼえて、ある時思ひ立ちて、ただひとりかちよりまうでけり。

極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得てかへりにけり。

さてかたへの人にあひて、

「年ごろ思ひつること果たしはべりぬ。聞きしにも過ぎて尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へのぼりしは、何事かありけむ、ゆかしかりしかど、神へまゐるこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」

とぞいひける。

すこしのことにも、先達はあらまほしき事なり。





念願の石清水八幡宮に詣でましたが、麓の極楽寺や高良神社に行っただけで、男山の上にある石清水八幡宮には行かずに帰ってきたというお話しです。

すこしの事にでも指導者というものが必要であることを説いたものなのだそうです。


確かにそうかもしれません。

私も、たとえば「京都に行ける」というときは、喜びが先で、目的の場所は心得ているのですが、その場所での重要なものを見逃して帰ってきたりします。

この法師も冷静であれば、山に登る人々を見かけたのですから、石清水八幡宮は山の上にあるということに気付いたはずですが、嬉しさの余りにそこに気付かなかったのでしょう。

そもそも「知らない」ということが、このような事になるのですね。

今はネットでなんでも調べられますから、そんな人はなかなかいないのかもしれませんが・・・

私などは、いつもこの法師と同じで「なにしに行ってきたのでしょうか」という感じです。





石清水八幡宮は平安京王城鎮護の神として崇められ、仁和寺もそうですが、東寺や延暦寺などとの関係が深かった神社です。

源氏からも崇敬され鶴岡八幡宮は、源頼朝が石清水八幡宮を勧請して創建されています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge