別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。

検索

2020年5月25日月曜日

地獄の閻魔(円応寺)・救済の観音(長谷寺)・極楽浄土の阿弥陀(鎌倉大仏)


かつて長谷には閻魔大王をはじめ死後に出会う十王を祀る円応寺(新居閻魔堂)がありました。

鎌倉の西方境界には墓地が設置され、円応寺はその鎮魂のために建てられたともいわれますが、長谷寺鎌倉大仏とともに浄土信仰に基づく情景を表した寺院群の一つだったともいわれています。


地獄の主「閻魔大王」を祀る円応寺
(現在は山ノ内に移転)


人々を救済する観世音菩薩を祀る長谷寺


鎌倉大仏極楽浄土へ導く阿弥陀如来








☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 鎌倉大仏

 円応寺

 長谷寺



 鎌倉手帳


 よりともジャパン.com

検索

Translate