別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。

検索

2013年5月23日木曜日

禅僧と茶・・・栄西・明恵・円爾

わが国の臨済宗開祖の栄西は、宋から茶の種を持ち帰りました。

その茶の種がいつ持ち帰られたものなのかは判りませんが、おそらく2回目の渡宋から帰国した1191年(建久2年)のことなのでしょう。


~岩上茶~

持ち帰った茶の種は、筑前(佐賀県)の脊振山にある霊仙寺に蒔かれ、これが「岩上茶」の起こりとなったと伝えられています。


~宇治茶~

栂尾高山寺の明恵は、栄西から茶の種5粒を譲り受け、高山寺の境内に蒔き、それを宇治に移植して茶の栽培を行ったといいます。
これが「宇治茶」の起こりと伝えられています。

伝説では、宇治の里人たちが、どれくらいの間隔で茶の木を植えればいいのか困っていると、明恵は畑に馬を乗り入れ、「馬の蹄の跡に植えるように」と教えたといいます(参考:宇治萬福寺)。



栄西が開いた京都建仁寺

栄西建仁寺の境内でも茶を栽培していたといいます。



~静岡茶~

京都の東福寺の開山に迎えられた円爾(えんに)は、宋の杭州径山から茶の種を持ち帰り、郷里の駿河国に伝えたことで知られています。

静岡市の「お茶の日」は、円爾の誕生日である11月1日に定められています。


円爾が開いた京都東福寺

円爾は壽福寺退耕行勇を師としていました。




~喫茶養生記~

栄西が茶の効用が著した『喫茶養生記』は、わが国最古の茶書。源実朝にも献上されたと伝えられています。


~建長寺の茶筅供養~



建長寺では5月28日に「茶筅供養」が行われ、使い古した茶筅を焚きあげて供養します。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

鎌倉との繋がりを求めて。
 奈良・京都

 歴史めぐり源頼朝

 喫茶養生記



☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 農地の賃貸借


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ


検索

Translate