別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2012年8月24日金曜日

京都東山のシンボル「八坂の塔」と鎌倉の「八坂不動明王」

京都東山の八坂の塔は、臨済宗建仁寺派の法観寺の五重塔。




伝説によれば・・・

948年(天暦2年)、八坂の塔が皇居の方へ傾いたが、浄蔵貴所という僧が法力で元に戻したという。

そのとき、祈祷の本尊だったのが不動明王像だった。

その不動明王像は、高雄山に祀られていたが、文覚が以仁王の令旨をこの像の中に隠し、伊豆に流されていた源頼朝に渡したという。

そして、鎌倉:浄光明寺不動堂に安置されているのがその像なのだとか・・・

浄光明寺の不動明王像は「八坂不動明王像」と呼ばれている。










鎌倉手帳
https://www.yoritomo-japan.com/kamakura.html

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索