別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2015年12月21日月曜日

京都の鎌倉地蔵・・・真如堂



昔、中国には白面金毛九尾の狐がいたそうです。

美女妲妃(だっき)に化けて殷の紂王(ちゅうおう)をたぶらかしますが、正体を見破られて日本へ逃げてきました。

そして、鳥羽院の前に玉藻前(たまものまえ)となって現れます。

鳥羽院は玉藻前を寵愛しますが、陰陽師安倍泰親にその正体を見破られてしまいます。



狐は下野国那須野原に逃げますが、鳥羽院が派遣した三浦義明の矢で脇腹と首筋を貫かれ、上総広常の長刀でとどめを刺されました。

その時、狐の魂は石と化しますが、石となっても悪霊となって近寄る生き物を殺したので、「殺生石」と呼ばれ恐れられるようになりました。





時は流れて室町時代。

源翁禅師が持っていた杖で恐れられていた「殺生石」を叩き割り、狐の悪霊を成仏させます。

そして、禅師は3つに割れた石の一つで地蔵菩薩を刻み、鎌倉に小さな御堂を建てて安置したといいます。

江戸時代になると、この地蔵菩薩を篤く信仰していた甲良豊後守宗広の夢の中に地蔵菩薩が現れ、衆生済度の霊場「真如堂」へ移すようにとのお告げがありました。

宗広はその夢告に従って地蔵菩薩を真如堂に移したそうです。

そのため、真如堂の地蔵菩薩像は「鎌倉地蔵」と呼ばれています。





殺生石を叩き割った源翁禅師(げんのうぜんじ)は鎌倉海蔵寺の開山。

禅師の持っていた杖が「かなづち」のような形をしていたので、「かなづち」の別名が「玄能(げんのう)」と呼ばれるようになったのだといいます。




☆ ☆ ☆ ☆ ☆


鎌倉との繋がりを求めて!
 奈良京都

 源頼朝

 鎌倉手帳


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

難しい成年後見人の解任!
 成年後見人の解任

安心して利用するために!
 成年後見


このブログを検索




Google+ Badge