別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2014年11月2日日曜日

北鎌倉のトンネルと四角四境祭と八雲神社

北鎌倉駅横にあるトンネル
(現在は通行できません)


三代執権北条泰時が行った「四角四境祭」(陰陽道に基づく除災の儀式)の北の境は、このトンネルが掘られている岩塊の外側だったそうです。

『吾妻鏡』によると、1224年(元仁元年)12月26日、疫病の流行に対し北条泰時は、六浦、小坪、稲村、山内の四境(鎌倉の境界(外側)で「四角四境祭」を執り行っています。




山ノ内の八雲神社は、「四角四境祭」の斎場だった所に建てられたと伝わっています。

境内には陰陽師・安倍晴明の伝説が残る「晴明石」も置かれています。




1235年(嘉禎元年)、四代将軍藤原(九条)頼経が疱瘡にかかった際にも「四角四境祭」が行われてました。

この時の四境は、巨福呂坂・小坪・六浦・片瀬。

この時の「巨福呂坂」と1224年(元仁元年)の時の「山内」は同じ場所と考えるのかもしれません。



山ノ内の高台にある八雲神社

石段

八雲神社からは富士を臨めます。

境内の稲荷社




 鎌倉手帳


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

親族が集まるときに考えてみましょう!

 任意後見契約

 遺言

 尊厳死の宣言


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge