別冊『中世歴史めぐりyoritomo-japan』




okadoのブログは、『中世歴史めぐりyoritomo-japan』の別冊。
京都・奈良・平泉・鎌倉などの寺社・歴史・人物・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。


検索




2011年5月19日木曜日

曾我五郎時致の恋物語~仮粧坂~


『吾妻鏡』には、1251年(建長3年)、幕府が小町屋の指定を行ったことが記されています。

指定された地域以外での商業活動を禁止した法令です(参考:商人に対する規制)。

指定された小町屋は、大町、小町、米町、亀谷辻、和賀江、大倉辻、気和飛坂山上でした。

ここにある「気和飛坂」というのが「仮粧坂」のことだと考えられています。


仮粧坂の碑


仮粧坂は、藤沢・戸塚に通ずる要路で、鎌倉時代には多くの人々の往来で賑わったものと考えられます。

そんな仮粧坂の下には「曽我兄弟の仇討ち」で知られる曽我五郎時致が通ったという娼家があったと『曽我物語』は記しています。


仮粧坂の下の遊女に恋をした時致でしたが・・・

その遊女のもとへは梶原景季も通っていたといいます。

ある日、景季がほかの男の話などをして遊女を困らせてしまいます。

すると、遊女は人前に出ること止めてしまったそうです。

そうとは知らず時致が娼家を訪ねると、遊女は好いていた時致にも会わなかったといいます。

遊女の友人が言うには、

「景季の虜になってしまった」

とのこと。

信じられない時致でしたが、

「あふと見る夢路にとまる宿もがな つらきことばにまたもかへらん」

という恋歌を残して去ったといいます。

しばらくしてこの歌をみた遊女は後悔をし泣き崩れたそうです。

そして、遊女は仏門に入り出家します。

遊女が出家したことを聞いた時致は、

「自分の想い人が出家したいま、思い悲しむことはなくなった」

として、父の仇工藤祐経を討つことに邁進したといいます。


1193年(建久4年)、源頼朝は富士裾野で大規模な巻狩りを行いました。

曽我兄弟は、その際に仇討ちを決行し、見事に工藤祐経を討ちました。


現在の仮粧坂

しかし、兄十郎祐成は仁田忠常に斬られ、弟十郎時致は御所五郎丸に捕らえられたのち、斬られたといいます(参考:伝御所五郎丸屋敷跡 伝御所五郎丸墓)。


仮粧坂









☆ ☆ ☆ ☆ ☆

富士裾野の巻狩り

曽我兄弟の仇討ち

巻狩りと仇討ち

白糸の滝

歴史めぐり源頼朝


よりともジャパン.com


検索

Translate