別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2017年8月8日火曜日

源頼朝を助けた清水寺の観音さま

『吾妻鏡』によれば・・・

源頼朝が3歳のとき、乳母が清水寺に14日間の参籠をして、頼朝の将来を熱心に願掛けしたところ、夢のお告げがあって、忽然として二寸の銀の正観音像を得たのだとか・・・

その観音像が頼朝の守り本尊。


 清水寺


~源氏再興挙兵と観音さま~

 源頼朝配流地

1180年(治承4年)、伊豆に流されていた源頼朝は、後白河法皇の皇子・以仁王の平家打倒の令旨を受け取ります。

そして、挙兵の日を8月17日と定めました。

しかし・・・

当日の朝になっても頼りとしていた佐々木四兄弟が到着しません。

『吾妻鏡』にはこのように記録されています。

頼朝は挙兵を日延べすることを考えたようですが、翌日(18日)は、幼児のころから観音さまを祀って祈る日となっていますので、合戦はできません。

※清水寺から下された二寸の銀の正観音像を祀ったのでしょうなぁ~きっと。

さらに翌々日(19日)になれば、密事が世間にばれてしまうでしょう。

さぁ~どうする頼朝!

といった感じですが、午後になって佐々木四兄弟が到着し、その夜、挙兵しました。


~石橋山の戦いと観音さま~

 石橋山古戦場

8月24日、石橋山の戦いで大敗した源頼朝

山中に逃れますが、しとどの窟に身を潜めたのだそうです。

そのとき頼朝の髷には観音像が入れられていました。

清水寺から下された二寸の銀の正観音像です。

窟を立ち去る時、頼朝はこの観音像を置いて逃げました。

なぜならば・・・

大庭景親らの平氏方に捕まったときに「観音像を本尊としていたのでは源氏の棟梁らしくない」と非難されてしまうと考えたからなのだそうです。


 しとどの窟

その後、窟に置いてきた観音像は、伊豆山の專光坊良暹の弟子僧が見つけて頼朝に届けられています。


~持仏堂の本尊~

1189年(文治5年)、源頼朝は御所の裏山に奥州征伐のための祈願所を設けます。

これが頼朝の持仏堂と呼ばれたもので、本尊は、清水寺から下された二寸の銀の正観音像でした。

 源頼朝墓

持仏堂は、現在、頼朝の墓塔がある場所に建てられたのだといいます。

1199年(建久10年)に亡くなった頼朝も、持仏堂に葬られたのだとか・・・

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 源頼朝配流地

 奈良・京都

 歴史めぐり源頼朝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

農地・農業に関する情報!
 農地制度

地域農業の中心的役割を担う法人
 農地所有適格法人


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge