別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2015年7月21日火曜日

2015建長寺開山忌(予定)



7月23日から24日にかけて、建長寺では、開山の蘭渓道隆の大法要が行われます。

※建長寺の開山忌は昨年から7月23日・24日に変更されています。




建長寺開山の蘭渓道隆は、1246年(寛元4年)、宋から商船に乗って日本に渡ってきました。

鎌倉の地を踏んだのは、1248年(宝治2年)頃のことといわれています。


1253年(建長5年)、道隆建長寺の開山に迎えられます。

道隆の厳しい教えは今も『法語規則』として残されています。




道隆は、元(中国)の密偵との疑いをかけられ伊豆に逃れた時期もあります。

そのときに住したのが修禅寺でした。

真言宗であった修禅寺を臨済宗に改宗したといいます。


(伊豆市)


1262年(弘長2年)、後嵯峨天皇の命によって、道隆は鎌倉を離れて京都の建仁寺の住持となります。


(京都市)


その後、鎌倉に戻りますが、叡山衆徒が幕府に讒言したことから、二度に亘って甲斐国へ流されました。

甲府五山の東光寺は、道隆が再興して臨済宗の寺としたと伝えられています。


(甲斐国への配流は、道隆を保護するため措置だったといわれています。)


(甲府市)

1278年(弘安元年)4月、道隆は鎌倉に戻りますが、その年の7月24日、66歳で亡くなりました。
後宇多天皇から「大覚禅師」の称号を贈られています。

・・・・・・・・・・・




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge