別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。

検索




2011年5月3日火曜日

鎌倉の頂相彫刻

「頂相(ちんぞう)彫刻」というのは、禅僧の肖像彫刻のことです。鎌倉時代には多くの頂相彫刻の傑作が産み出されました。

木造仏光国師坐像
円覚寺開山の無学祖元(仏光国師)の頂相彫刻は、
その初期の傑作といわれています。
塔頭正続院の開山堂に安置されています(国重文)。

その他の傑作として・・・

建長寺塔頭正統院の木造高峰顕日坐像
円覚寺塔頭白雲庵の木造東明慧日坐像
瑞泉寺の木造夢窓国師坐像

があげられます。
いずれも鎌倉時代の作で国の重要文化財に指定されています。



鎌倉の禅僧
https://www.yoritomo-japan.com/zen-so.htm
鎌倉手帳
https://www.yoritomo-japan.com/kamakura.html


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

検索

Translate