別冊『鎌倉手帳』




okadoのブログは、『中世歴史めぐり』の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
京都・奈良・平泉・大阪・源平合戦など鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。


Translate

2011年5月6日金曜日

長尾定景一族の墓~鎌倉:久成寺~

鎌倉植木の久成寺にある長尾定景一族の墓です。

横浜市戸塚区の長尾台の「陣屋場跡」から移されたそうです。

~長尾定景とは・・・~

長尾定景は、鎌倉権五郎景政を祖とする平氏で、長尾城(横浜市戸塚区)を拠点としていました

源頼朝が挙兵をした1180年(治承4年)、定景は平氏方の大庭景親に付き、石橋山の合戦では、岡崎義実の子佐奈田与一義忠を俣野五郎とともに討ち取っています。

頼朝が鎌倉に入ると捕らえられ岡崎義実に預けられていましたが、許されて三浦氏に仕えていたと考えられています。

のちに定景は、1219年(承久元年)1月27日、源実朝を暗殺し三浦義村邸に向かおうとしていた公暁を討ち取ったとも伝えられています(参考:源実朝の暗殺)。

1247年(宝治元年)の宝治合戦では、定景の子景茂が三浦泰村方に付き、長尾氏は滅亡しました。

上杉憲政から関東管領職を譲られた上杉謙信(長尾景虎)は、
定景の子孫だといわれています。

 上杉謙信


~久成寺のツツジ~







久成寺
https://www.yoritomo-japan.com/page140kujyoji.htm
鎌倉手帳
https://www.yoritomo-japan.com/kamakura.html


このブログを検索