別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2014年11月24日月曜日

鎌倉七口:名越切通の大切岸

鎌倉七口の一つ名越切通から続く大切通は、高さ3~5m・長さ800mにわたる人工的な崖。


これまでは、鎌倉幕府が三浦氏の攻撃に備えるために築いたといわれてきました。


しかし、近年の発掘調査では、石切りの場であったということが判明しています。



大切通の下のお猿畠には、日蓮が松葉ヶ谷の草庵を焼き討ちされた際、どこからともなく現れた白猿が日蓮を救うために導いた所という伝説が残されています(参考:法性寺)。

今でも大切通岸の下は畑です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・




にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge