別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。







開花・見頃・イベント情報

(名所の他にもいろんなアジサイ)
 ちょっと素敵なんです!鎌倉のアジサイ



FB




Translate

2017年5月17日水曜日

京都:八坂庚申堂~お猿のお寺~

八坂庚申堂


東山のシンボル・八坂の塔の西にあるお猿の寺。

創建したのは、傾いた八坂の塔を法力で元通りに戻したという伝説の僧・浄蔵貴所(じょうぞうきしょ)。



~庚申信仰~

人間の体内には3種類の悪い虫(三尸(さんし)の虫)が棲み、庚申の日には、睡眠中にその人の悪事をすべて天帝に報告に行くといわれています。

庚申の日は60日に一度。

その夜は眠ってはならないとされ、人々が集まり徹夜で過ごす「庚申待ち」の風習がありました。

平安時代に貴族の間で広まり、夜通し酒宴を行うという風習が庶民にも広まっていったのだといいます。

八坂庚申堂の本尊は青面金剛。

青面金剛は三尸の虫を食べてくれるのだとか・・・

そのため、庚申の日には青面金剛をお詣りする風習ができあがったのだといわれています。


くくり猿

八坂庚申堂では、手足が縛られた猿を吊るすと願いが叶うといわれているそうです。

それが「くくり猿」。

願い事を叶えるためには欲を捨てることも必要です。

欲に走らないように猿の手足が縛られているのだとか・・・

なぜ猿なのか・・・

庚申の「申(サル)」から「猿」が庚申の神使とされたのだといいます。




これは指猿

「災難がさる」・「指が器用になる」のだとか・・・






☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 歴史めぐり源頼朝

鎌倉との繋がりを求めて・・・
 奈良・京都

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

後見人は何をする者なのか?
 法律行為と事実行為

安心して利用するために!
 成年後見

このブログを検索




Google+ Badge