別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2017年3月21日火曜日

鶴岡八幡宮の流鏑馬馬場

 小笠原流流鏑馬


鶴岡八幡宮の境内中央付近を東西に走る道は流鏑馬馬場

源頼朝は、1187年(文治3年)に鶴岡八幡宮で放生会を始めますが、その年に造営されたのがこの道です。

流鏑馬を奉納するために造営したのでしょうね・・・


 流鏑馬馬場
中央参道の東側


そして・・・

流鏑馬馬場は・・・

鎌倉道の起点だったとも考えられています。

『吾妻鏡』には「鎌倉往還」との記録がありますが、鎌倉を起点として放射状に延びる道のことで、『新編相模国風土記稿』には往還道が7つあり、そのうち5つが鎌倉道と呼ばれ、鶴岡八幡宮への参詣道だったことが記されているようです。


 流鏑馬馬場
中央参道の西側


流鏑馬は騎乗の射手が馬を走らせながら的を射る弓馬術。

鶴岡八幡宮では、東の鳥居から西の鳥居にかけて三つの的が設けられます。

昔は、一から三までの的の当たり外れで、早稲、中稲、晩稲の出来を占ったのだとか・・・

春の鎌倉まつりでは武田流流鏑馬が、秋の例大祭では小笠原流流鏑馬が奉納されます。


 小笠原流流鏑馬


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 鶴岡八幡宮


 鎌倉まつり

 鶴岡八幡宮例大祭

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

 農村・農地の重要性

農地・農業に関する情報!
 農地制度


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 鎌倉情報へ

このブログを検索




Google+ Badge