別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2016年9月2日金曜日

鎌倉:ぼたもち寺

鎌倉時代、鎌倉には源氏山という丘があって、和賀江島の出船・入船を見物する人々を相手に茶店を出していた老婆がいたそうです。

そこは、源頼朝が千羽鶴放生会を観覧するために築かれた展望台(桟敷)だったのだといいます。

老婆は、頼朝ゆかりの桟敷を管理するようになったことから桟敷の尼と呼ばれていました。



 常栄寺


桟敷があった場所は常栄寺の裏山だといいます。

常栄寺には尼夫妻の五輪塔が置かれています。



田中優子女史画
『ぼたもちでら常栄寺縁起』より。


1271年(文永8年)9月12日、日蓮が幕府に捕えられます。

その時、尼は小動岬の実家に帰っていました。


尼は、裸馬に乗せられ龍ノ口刑場へと護送される日蓮に「にぎり飯」を捧げようとしますが、転んでしまい、「にぎり飯」が砂にまみれ、ゴマをまぶしたようになってしまいました。

それでも日蓮は喜んで食べたのだいいます。

その後、日蓮が奇跡的に命を助けられたことから、「にぎり飯」が「延命のぼたもち」とか「ご難よけのぼたもち」と呼ばれるようになったということです。


 法源寺


法源寺は、尼の実家の菩提寺だった寺院。


鎌倉には常栄寺法源寺という尼ゆかりの寺が2つありますが、いずれも「ぼたもち寺」と呼ばれています。



 龍口法難会

・・・・・・・・・・・・・

 秋の鎌倉



鎌倉のイベント


・・・・・・・・・・・・・

 成年後見

このブログを検索




Google+ Badge