別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2016年7月28日木曜日

真鶴:瀧門寺


瀧門寺は、14世紀創建という曹洞宗の寺院。

道禅という僧が、かつて寺の背後にあった瀧に鬼神を感じて、一夜にして寺を建てたという伝説が残されています。


山門


庫裏

保育園社

鐘楼


五層塔

門前の五層塔は、廃寺となった光西寺のあったもの。

土肥遠平の子・万寿を埋葬した塔だと伝えられています。



宝篋印塔は明和4年の造立。

小松石による関東随一の石造物といわれています。

小松石は箱根の火山活動によってできた安山岩。

真鶴しか採れない石で、鎌倉に幕府を開いた源頼朝も小松石の巨石を運ばせたのだといいます。


 瀧門寺



 真鶴岩海岸


・・・・・・・・・・・・・

夏休み自由研究!

 歴史めぐり源頼朝


・・・・・・・・・・・・・

夏休み鎌倉計画!

 夏だ!休みだ!鎌倉だ!



・・・・・・・・・・・・・


 任意後見契約

このブログを検索




Google+ Badge