別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2016年7月5日火曜日

鎌倉:八雲神社と新羅三郎義光。

 八雲神社


八雲神社は、新羅三郎義光が京都の祇園八坂社を勧請して創建された鎌倉最古の厄除け神社。

義光は、河内源氏二代・源頼義の子。

兄には八幡太郎と呼ばれた義家がいます。

新羅とは、近江の新羅明神で元服したことから呼ばれる名。


 祇園八坂神社
(京都)


平安時代後期、陸奥国では後三年の役が起こります。

新羅三郎義光は、乱の鎮圧にあたっていた兄・源義家の助勢のため陸奥国へと下ります。

その途中で鎌倉に立ち寄った義光は、疫病の流行に苦しむ村人をみて、京都の祇園社を勧請したのだといいます。

すると、たちまちに悪疫が退散したのだと伝えられています。


そういったことから、八雲神社は「鎌倉の厄除けさん」として親しまれ、江戸時代までは「鎌倉祗園社」と呼ばれていたそうです。


 新羅三郎義光の墓
(大寶寺)


義光は、現在の大寶寺のある地に屋敷を構え、後に義光を祖とする佐竹氏の屋敷となったのだと伝えられています。

八雲神社の神幸祭は、まず義光の墓に祝詞を奏してから町内を巡行する習わしになっています。



 大町まつり

・・・・・・・・・・

夏休み鎌倉計画!

夏だ!休みだ!鎌倉だ!鎌倉の海水浴場

・・・・・・・・・・・

農漁と祭、

昔から密接な関係です!

 農村・農地の重要性

期間満了で…
必ず返還される農地の貸借

 農地の貸借

このブログを検索




Google+ Badge