別冊『鎌倉手帳』

okadoのブログは、『鎌倉手帳』(寺社散策・観光)の別冊。
鎌倉の寺社・歴史・伝説・文化・自然・花などの情報をお伝えします。
鎌倉の歴史にかかる関係地・寺社の情報も。




Translate

2016年6月6日月曜日

大橋太郎通貞の土牢・・・鎌倉:光則寺



光則寺の裏山にある土牢。

大橋太郎通貞の土牢と呼ばれています。



伝説によると・・・

豊後国の地頭をしていた大橋太郎という武将がいました。

ある時、鎌倉の源頼朝に呼び出され、謀叛の疑いで投獄されてしまいました。

豊後国の領地は没収、国に残してきた妻と男子は追放されます。


それから12年の歳月が過ぎました。

父への思いも大きくなっていた少年は、父に会うため鎌倉へ旅立ちます。

そして鶴岡八幡宮の詣でると法華経を唱えました。

その事が頼朝の耳にも入ります。

頼朝が少年を呼び寄せて話を聞くと、大橋太郎の子であることが判明します。

頼朝は、親を思う子の心に免じて大橋太郎を解放したということです。


その後、大橋太郎が豊後国に帰る途中で住み着いたの大橋村(現在の福岡県行橋市)なのだといいます。



※大橋太郎の伝説はいろいろあるようです。定説とは異なるかもしれませんがご了承願います。



 光則寺


鎌倉はアジサイシーズン

 光則寺のアジサイ


 鎌倉:アジサイの名所


 鎌倉のアジサイ  鎌倉のアジサイ  鎌倉のアジサイ  鎌倉のアジサイ

・・・・・・・・・・

 農林漁業の六次産業化

このブログを検索




Google+ Badge